Défaut

『アジアから初のユネスコ事務局長』
松浦晃一郎 私の履歴書

日本経済新聞の連載読み物で、各界の著名人がその半生を描く履歴書風の自伝「私の履歴書」。この度、当財団の理事でパリ日本文化会館の共同議長、そして第8代ユネスコ事務局長である松浦晃一郎氏の「私の履歴書」が、単行本『アジアから初のユネスコ事務局長』として日本経済新聞出版社から2021年2月に刊行されました。以下はオビでの紹介文です。

真の国際人は、こうして生まれた!

中国から命からがらの帰国、小説家を目指した高校時代、日本の経済発展に尽力した外務省時代、そしてユネスコ事務局長にアジアから初めて(その後も現れていない)選出され、組織改革と文化の多様性保護に邁進――国際機関で活躍する日本人が少なくなったいま、そのロールモデルを学ぶ。日経連載「あすへの話題」「こころの玉手箱」も収録。

日本経済新聞出版の本著紹介ページはこちら

Défaut

Partager cet article

Inscrivez-vous à notre lettre d’information